BlogPaint

本日行う予定だったネパールへの募金活動。
結果から言うと、高知大学内で行うことは無理とのことでした。


先走った決意と行動、未熟さゆえの結果です。
大々的にブログにもFacebookにも載せ、多くの人にご覧になっていただきました。
このブログを読んで応援していただいた方、
そして、シェアしてくださった方に心からお詫び申し上げます。



正直、1人でも募金活動はできると思っていました。。甘かった。


「何か団体に所属して高知大学内で募金活動をするのは厳しい。ましてや個人が募金活動を行うことは不可能です。」

というようなことを言われました。


もちろん自分の未熟さ、見通しの甘さが原因です。が。


南海トラフ巨大地震が来ると言われている、ここ高知県。
そりゃシステムにしがらみはあるだろうし、お堅いでしょう。
募金活動を行うためにめんどくさい申請や証明書が必要なら何でもします。
しかしながら、ただその活動を行うことが不可能だと切り捨てられることに関しては正直納得がいきません。

日本に、高知県に震災が起きなければそれは自分の事ではないと。
でもいざ、地震が起きたら助けてくださいと?


正直募金活動を行ったところで何ができるかは全くわかりません。
それでもネパールではいまだに死者数が増えていきます。
ネパール大地震の死者、5500人超す - YAHOO!JAPANニュース

僕は学生という立場を存分に使い、しつこくあきらめません。
まずはネパールの地震に対しての募金活動を短期的にでも行える方法を探していきます。
そして、平行してどうにか高知大学内で正規に募金活動を行うために行動していきます。
文字通り奔走していきます。